一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

もうすぐくるりのあたらしいアルバムが発売される。
4人になって(その前5人やったりもしたけど)はじめてのアルバム。
その中に収められた一曲『glory days』のプロモーションビデオのロケ地が
『ばらの花』と同じ海岸だと聴いて、さっそく観た。



6月にくるりのツアーを観るためにいわきを訪れたとき、
ライブ前の時間にバスに乗ってたどり着いたのが、その場所だった。

いわき駅前からバスに揺られること約40分。
のどかな田園風景や、町並みを観ながら、
病院や買い物の帰りの地元の人の方言に耳を傾け、
ほのぼのした気持ちになったのもつかの間、
最後の山を越えると、辺りの景色は一変した。
いわき市薄磯地区
高台にある神社への階段から撮影(写真はすべてクリックですこし拡大)

家の土台だけ残し、あとは向こうの海が見渡せるほど
すっかり何もなくなっている。わたしはこの場所にはじめてやってきた。
くるりが『ばらの花』を歌った頃のこの町を知らない。
そのおかげというか、一歩引いた気持ちで見ることができた気がする。
もし以前の姿を知っていたなら、見るに耐えない光景だったかもしれない。

そこにはたしかに家があり、人の暮らしがあったことがわかる。
山側に人気(ひとけ)のある家が数軒あり、今も暮らしている方はいる様子。
地元発行の小冊子によると、死者・行方不明者は100名近く、
ほとんどの方が家を失い、移住または避難されているそう。
全国放送のテレビではほとんど知らされなかった町の被害がここにある。

バス停のいくつかは津波で流されたまま復旧していないらしく、
バスは停留所を3つほど通過してしまう(運転手さんがバス停の名前を
ボタンをピッピッ、と押してとばす)。
わたしは、降りるはずの次のバス停であわてて降車ボタンを押して降り、
あの海岸を目指した。

豊間小前バス停
バス停。渋い石造りで思わずパシャ。

途中、中学校の脇を通り過ぎる。
校舎は建物のかたちを保っているようだが、よく見ると入口が
板でふさがれていたり、体育館は壁が崩れ落ちている。
平日の昼間にもかかわらず、ひっそりとしており、
現在は授業が行われていないようだ。裏に回ってみると、
プールがあり、その横(校庭?)にがれきが積み上げられていた。
かつてこの町にあった家々の残骸だと想像するといたたまれない。
Youtubeで検索すると、この地区の津波被害の様子を
撮った動画を見ることができる → クリック
津波後の写真が載っているブログ → クリック

豊間中学校2012年6月25日
豊間中学校。

中学校のすぐ横が薄磯の海岸だ。

海岸沿いの防波堤に描かれたカラフルな花が目に飛び込んでくる。
家の土台の部分にもたくさんの花・花・花。
帰ってから調べてみると、『ガレキに花を咲かせましょう』(Facebook)
というボランティアの活動だとか。津波被害のあったいわきの海岸や家に
花の絵を描いてすこしでも明るくなるように・・・との願いが込められているそう。
薄磯海岸の花の絵2012年6月25日
薄磯海岸に咲いた花。薄磯地区2012年6月25日
家の土台に咲く花。

砂浜に降りてみる。
薄磯海岸2012年6月25日
着いてすぐは曇っていたせいか、荒涼としたあの『ばらの花』の冬の海を
彷彿とさせる。
薄磯海岸2012年6月25日
地震でひび割れたのかどうかはわからない。
薄磯海岸2012年6月25日
次第に晴れてきて、気持ちいいのよい天気になった。

いわき市薄磯地区・薄磯公民館2012年6月25日
公民館は標石だけが残されていた。

ネットにアップされている写真を見ていると、この公民館をはじめ、
津波に襲われたあと、なんとか姿をとどめた家もあったようだ。
それでも人が住みつづけられたのはわずかで、ほとんどがれきとして片づけられた
ようだ。1年3ヶ月経ったこの頃には、がれきは移動されて、町中からは消えていた。
(それが豊間中学校に集められているのだろう)

約1時間、町の中や海岸を歩き回ったけれど、
風が強く、晴れてくるまではとても寒かった。
春先の3月はもっともっと寒かったに違いない。

気になったのは、1時間のあいだに、5,6台の乗用車、
同じく5,6台の大型バスがやってくるのを見かけたこと。
乗用車の人は車を降り、町の様子を見ているようで、
大型バスは、中学校のがれき置き場近くで減速したり
止まったりするものの、人が降りることはなく、
バスガイドさんも乗っているから観光(見学?)のバスだったのかな。
わたしも同じようなものだけど。。

山側の神社の階段に登ってから、バス停に戻る途中、猫に出逢った。
「こんにちは」と声をかけると、人懐っこく近寄ってきた。
すこしやせてるけど、毛並みも良く、首輪をしていたから、
どこかのお家で飼われているのかな。そう願いたい。
薄磯地区で会った猫2012年6月25日薄磯地区で会った猫2012年6月25日
動画から切り取ったため、ピンぼけで申し訳ない。

菜の花の咲く薄磯地区2012年6月25日
山側には菜の花がたくさん咲いていた。
あともう少し、この芽吹いた命を見ていたいと思った。

帰りのバスから
帰りのバスから。

最後に『ばらの花』

くるり ばらの花 投稿者 qz21

  • -
  • 23:11
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://cieloazzurro.jugem.jp/trackback/458

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

メッセージが送れます

instagram

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 京都水族館の今、梅小路公園のこれから
    こまこ
  • 京都水族館の今、梅小路公園のこれから
    まや
  • 棄権なんて危険なマネはやめよう。
    こまこ
  • 避暑の旅
    こまこ
  • 棄権なんて危険なマネはやめよう。
    まこ
  • 避暑の旅
    ストレンジャー
  • 大人の遠足 〜 冬のビール工場編 〜
    こまこ
  • 大人の遠足 〜 冬のビール工場編 〜
    たけちよ
  • 真冬の手づくり市
    こまこ
  • 真冬の手づくり市
    たけちよ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR