一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

第16回梅小路公園の未来を考える会

梅小路公園の未来を考える会、ひさしぶりの開会(?)。
午前は水族館の見学、午後は話し合いというスケジュール。
午前はお稽古だったので、午後のみ参加。
いつもの法然院でないのが残念だけれど、午前からの流れだと仕方なし。

オープンからまもなく1年という京都水族館の今を検証し、
教育・学習にふさわしい施設になっているかどうか?・・・ということで。

数ヶ月前(夏前だったか)ネットで水族館の評判を読んでみると散々なものだった。
知り合いで行ったという人の話を聞いてもがっかりという意見が多かった。
しかし初年度の入場者目標200万人は早々と達成され、イルカの芸が未発達なことが
逆にマニア受け(?)したのかその後の評判はさほど悪くないようにも見える。

わたしは、オープン直前の内覧会で見たっきりで記憶もとぎれとぎれなので
実際のところどうなっているか?という話を(ある意味)楽しみにしていた。

法然院の梶田貫主をはじめ、過去に考える会に講師で来ていらした方々も参加。
◆保育士の経験も持つ小泉昭男さん(NPO法人ビオトープネットワーク京都)
◆水族館と共同でイルカの研究を行っている幸島司郎さん(京都大学野生動物研究センター長)
◆都市公園法から水族館問題を考える下村泰史さん(京都造形芸術大学 准教授)

水族館見学を終えての率直な感想・・・(完全語録ではなく、大意です。。)
●小泉さん「見るだけの展示で、五感をくすぐるような“誘い”がない。こどもの目線の高さに展示がない(水槽の上などにある)。里山ゾーンには生き物がいるような感じがしなかった。このゾーンを一般に開放して観察会などしてみては?こどもがズカズカ入っていけるような場所に」
●幸島さん「いつも見ているので当たり前になりすぎて気づいていない点も多いかもしれない(笑)。当初の設計図では完全に江ノ島のコピーだったが、オオサンショウウオにかなり広いスペースを割いたりイルカプールも改善された。水族館の上のほうの人はいろいろ言ってくる市民とは関わりたくなさそうだが、現場の人は市民の声を聞きたがっている。里山ゾーンは夏や秋には虫がいるし、近所の小学生とお米を植えたり観察会は行っている」
●下村さん「現場の方はがんばっておられることを感じた。そのがんばりがもっとアピールされるべき(珊瑚の展示など)。圧倒的に展示の量が足りていない(進化的・分布的など)。環境学習と言っておいてこれは貧弱。いちばん何をしているのか見えないのは京都市。何やってるの?いのちの森とのつながりが感じられない。水族館入場者は無料など関連性を持たすべき。地域で研究・調査する人たちの活動の場として利用されるべき」
●梶田さん「美術館などで採用されているヘッドフォンで解説が聞ける仕組みを取り入れては?パンフレットが米粒みたいな文字で読みづらい。倍ぐらいに拡大したものがいい。フラッシュが禁止というのもパンフレットに大きく載せるべき(小さくは載っている)」

参加者からの気になるご意見。
●山紫水明ゾーンの水槽の管理が不十分に思えた。藻を食べる貝やエビなどを入れては?
●ショップに本がまったく売られていなかった。魚や里山に関する本を!
●生き物名が「ひらがな」で書かれていることに違和感があった。一部カタカナも見受けられたが、統一できないか?
●どこから連れてこられた生き物なのか知りたい。ダイナマイトなどキケンな方法で獲られたのではないかが知りたい。→以前尋ねた水族館の方は把握しておられなかった。
●魚類の入れ替えについても説明してほしい。亡くなった魚・哺乳類の情報も!
●供養塔をつくって、こどもたちが命について考える機会を。→市民がつくっちゃってもいいね!

わたしが気になるのは、やたら狭く圧迫感を感じ、人が押し寄せると危険だと思う空間があったので、そこが改善されているかという点。展示の説明不足を指摘されている方が多かったので、もっと増やしてほしいし、適切な場所に展示してほしい。スペースが足りないのは、イルカプールを前面に出しているからなのでは?と思えて仕方ない。京都までお越しいただいたイルカさんには申し訳ないが、やはり不自然。

またの機会に訪問したいと思う。

そして梅小路公園については、鉄道博物館への布石として、新広場の整備と
チンチン電車の移設が決まっている。

2013.2.1.市民しんぶん
※クリックすると拡大できます。

下村さんの見解では、チンチン電車や市電展示が、水族館といのちの森を
つなぐ動線のあいだに置かれることになることから、ゾーニングとしては、
鉄道博物館予定地・蒸気機関車館側に置くべき、とのこと。
たしかに、あのトイレやベンチ、市民の花壇などがある公園内の道が
交わるあたりに電車を持ってくるというのはわけがわからなくなりそう。
人の流れはどうなるだろう?いのちの森の意味は?

  • -
  • 20:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
こまこさんがブログ書いたって、メールで流れてきました☆
なるほどなるほどー。なんかすごく前向きですね。
でもイルカはちょっとねー。やっぱり違和感。なんで?って感じ。
環境が変わっても、いのちの森は健在でありますように…!
  • まや
  • 2013/02/21 16:19
まやさん、コメントありがとう(返信激遅ですみません…)。
そうですね、前向きでしたね、幸島さんの手前もあったのか(笑)。
でも、新しい広場ができて、市電が置かれて、
どんどんカオスに…。
どうなっちゃうんやろなぁ。。
  • こまこ
  • 2013/03/24 20:31





   
この記事のトラックバックURL : http://cieloazzurro.jugem.jp/trackback/459

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

メッセージが送れます

instagram

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 京都水族館の今、梅小路公園のこれから
    こまこ
  • 京都水族館の今、梅小路公園のこれから
    まや
  • 棄権なんて危険なマネはやめよう。
    こまこ
  • 避暑の旅
    こまこ
  • 棄権なんて危険なマネはやめよう。
    まこ
  • 避暑の旅
    ストレンジャー
  • 大人の遠足 〜 冬のビール工場編 〜
    こまこ
  • 大人の遠足 〜 冬のビール工場編 〜
    たけちよ
  • 真冬の手づくり市
    こまこ
  • 真冬の手づくり市
    たけちよ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR