一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

6月末に3年ぶりに北海道へ!(プライベートでは4年ぶり)
手紙社主催の森のカフェフェスに合わせて行ったのだけど
今回はじめて運河の街として有名な小樽にも行ってきた!
お寿司食べられるかな?どきどきわくわく。

小樽と言えば、運河とウニのイメージしかなかったけど、
北のウォール街と呼ばれ、金融で栄えた商業都市だったそうで。
日本銀行の旧小樽支店などの西洋建築をはじめ、商家や蔵などが
多く残っているので古い建築が好きな人には楽しい町♪

小樽
こんなかんじで、古い建物を店舗として再利用しているところが多い。

小樽
しゃちほこ乗ってる建物とか、なかなかしぶい。

小樽
昆布屋さんの店先。「お父さん預ります」というのは
買い物に付き合うのが退屈なお父さんの休憩所、という
意味かな?ついついつっこみたくなるから、それが目的?!
界隈の昆布屋さんの店先には必ずと言っていいほど
この看板があった。

小樽
海運で栄えていた頃の名残?

小樽
民家というか、集会所を思わせる建物。
今は使われていなさそうだった。
北海道といえば、こんな木の壁のお家がまだ所々にあって
これを見るたび、あぁ北の大地にやってきたな〜と実感。
現代では実用的じゃないのかもしれないけど、歴史的建築
としてなるべくたくさん残していってほしいなぁ。

小樽
小樽文学館(キセルがライブしたことあるそう)もすてき。
小樽美術館も併設されていて、もっと時間に余裕もって、
企画展や常設展が観られたらよかったな。1952年築。

小樽
運河沿いにそびえる迫力ある建物。
有名な北海製罐株式会社の小樽工場第3倉庫で、1924年築。
荷物を降ろすためのスパイラルシュートがめちゃめちゃかっこいい!
これを見られただけでも小樽に来てよかった!
今度は夕方から夜にかけて訪れてみたいものだなと。
その際は小樽でお泊まり☆

小樽
第3倉庫の裏側はこんなかんじ。ビバ☆逆光。

小樽
ちなみに、いわゆる小樽運河の観光地として栄えているのはこのあたり。
さっきの北海製罐の倉庫があるあたりはほとんど人がいなくて、
このへんに人が密集してる。ごはん屋さんもこの界隈に集中。
でもあえて、小樽に来たならこの先に進んでみて!
旧日本郵船の小樽支店のレトロな建物もあるよ。

小樽
そして、お寿司!寿司屋通りという通りがあるほど、お寿司屋さんが
たくさんある小樽。友人お目当てのところがお休みだったので、
別の適当なところへ。隣のテーブルでゴルフ帰り?かと思うような集団が
すごい勢いであれやこれやオーダーしていて、こっちはかなり出てくるのが
遅かったけど、なんとかありつけた!お寿司よりも、一緒に出てきた
お味噌汁のお出汁が抜群においしかった!あれ飲むだけにでもまた行きたい。

ガイドブックに頼らない(あっても上手く読めない…笑)小樽観光
王道じゃなかったかもだけど(ルタオも素通り)たのしかった!

  • -
  • 14:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://cieloazzurro.jugem.jp/trackback/461

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

メッセージが送れます

instagram

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 京都水族館の今、梅小路公園のこれから
    こまこ
  • 京都水族館の今、梅小路公園のこれから
    まや
  • 棄権なんて危険なマネはやめよう。
    こまこ
  • 避暑の旅
    こまこ
  • 棄権なんて危険なマネはやめよう。
    まこ
  • 避暑の旅
    ストレンジャー
  • 大人の遠足 〜 冬のビール工場編 〜
    こまこ
  • 大人の遠足 〜 冬のビール工場編 〜
    たけちよ
  • 真冬の手づくり市
    こまこ
  • 真冬の手づくり市
    たけちよ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR